製品カタログコレクションフィギュア>翼コレクションEX 第8弾

マイクロモーターでプロペラが回転する
コレクションEX
1/100 Tsubasa collection EX(エキスパート=上級者)
マイクロモーターを使用し、翼コレクションの零戦52型のプロペラが回転するようにしたプラモデル組み立てキットです。プロペラ回転に必要なパーツはすべてセットされていますので気軽にプロペラ回転モデルの製作にチャレンジしていただけます。(※単3乾電池1本は別にお買い求めください。)

 価格 1,800円(税抜)

NO.8 「零戦最強撃墜王」
零戦52型 岩本徹三搭乗機


岩本徹三は、大正5年樺太に生まれ、昭和4年ころ島根県の益田町(現益田市)に移りました。昭和9年には水兵として呉海兵団に入り、整備兵を経て昭和11年、第34期操縦練習生をして霞ヶ浦海軍航空隊に入隊、戦闘機搭乗員の第一歩を踏み出したのです。昭和13年、最年少パイロットとして中支戦線に出動、初陣で中国軍のI-15戦闘機など4機を撃墜しました。太平洋戦争では空母瑞鶴に乗り込み、ハワイ真珠湾、インド洋、珊瑚海を転戦、その後教官に転じましたが、昭和18年11月再び前線に呼び戻され、ラバウルに進出しました。ここでは、連日の邀激戦に奮戦し、数百機で襲いくる敵機に対し30機そこそこの兵力でラバウルの空を守り、まさに死闘を繰り広げたのです。時には新型の三号爆弾を駆使して多くの敵機を撃墜し、岩本機の胴体は桜のマークで桃色に染まったと言われています。戦後書かれた回想録では、202機撃墜という驚くべき数を主張しており、これは太平洋戦争で日米両軍を通じて最多の撃墜数です。過酷な戦争を生き抜いた岩本でしたが、戦時中に受けた傷からの敗血症により、昭和30年38歳という若さで亡くなってしまいました。

(参考文献「零戦撃墜王」岩本徹三著)


飛行場シールと塗装済み整備兵付き マイクロモーターでプロペラが回転
※使用する単3乾電池1本は別にお買い求めください。
零戦撃墜王の桜の撃墜マークを再現