製品カタログコレクションフィギュア>翼コレクションEX 第4弾

マイクロモーターでプロペラが回転する
コレクションEX
1/100 Tsubasa collection EX(エキスパート=上級者)
マイクロモーターを使用し、翼コレクションの隼U型のプロペラが回転するようにしたプラモデル組み立てキットです。プロペラ回転に必要なパーツはすべてセットされていますので気軽にプロペラ回転モデルの製作にチャレンジしていただけます。(※単3乾電池1本は別にお買い求めください。)

NO.4 「ニューギニア航空戦」
隼U型:南郷 茂男 搭乗機


南郷茂男は、海軍戦闘機隊の軍神と言われた南郷茂章少佐の実弟として、大正6年東京に生まれました。祖父も父も海軍の高官という名門に育ち、昭和14年4月陸軍航空士官学校を卒業、明野で戦技教育を受けた後、8月飛行第33戦隊に配属になりました。太平洋戦争開戦後の17年1月には飛行第59戦隊第2中隊長に任命され、南方戦線に出動しました。昭和18年6月ニューギニアのブーツ基地に進出、翌年1月までのおよそ半年間にわたり熾烈な航空戦の中心となって活躍しました。隼はアメリカのP-38 やP-47に比べ性能が劣るため苦戦を強いられ、また過酷な環境の下では病に倒れる者も多く、こうした悪条件下でも常に先頭にたって奮戦し、「ニューギニアは南郷でもつ」とさえ称されたのです。
残念ながら昭和19年1月23日のウエワク迎撃戦で敵大群に突入、壮烈な戦死をとげています。総撃墜機数は、すべてニューギニアであげたもので15機と言われています。今回のモデルは、ニューギニア航空戦で最後まで奮戦した南郷茂男搭乗機をイメージしたものです。
飛行場シールと整備兵付き
マイクロモーターでプロペラが回転
※使用する単3乾電池1本は別にお買い求めください。

細部まで再現された塗装とマーキング