製品カタログコレクションフィギュア>翼コレクションEX 第3弾

マイクロモーターでプロペラが回転する
コレクションEX
1/100 Tsubasa collection EX(エキスパート=上級者)
マイクロモーターを使用し、翼コレクションの隼U型のプロペラが回転するようにしたプラモデル組み立てキットです。プロペラ回転に必要なパーツはすべてセットされていますので気軽にプロペラ回転モデルの製作にチャレンジしていただけます。(※単3乾電池1本は別にお買い求めください。)

NO.3 「ビルマでの戦い」
隼U型:檜 與平 搭乗機


鉄脚のエースとして知られる檜(ひのき)與平は、大正8年徳島県に生まれました。昭和51年陸軍航空士官学校を卒業した後、同年11月加藤建夫率いる飛行第64戦隊に配属になりました。翌年12月の太平洋戦争開戦とともにマレー航空作戦に参加、ビルマ、インド戦線にて加藤建夫戦隊長の僚機として活躍しました。昭和18年11月のラングーン上空での迎撃戦では、P-38、P-51、B-24 各1機を撃墜しましたが、その際被弾して右足に重傷を負いました。からくも飛行場に着陸した後入院、右足を切断され、本土に送還され治療を続けましたが、持ち前の不屈の闘志から義足をつけて戦闘機パイロットとして復帰したのです。
戦争末期には明野教導飛行師団の第2大隊長として防空任務にあたり、何度かの空戦で戦果をあげました。ハリケーン、P-38 ライトニング、P-51 マスタングといった強敵を軽武装の隼で撃墜したことからも、優れた空戦技術の持ち主であったといえるでしょう。総撃墜機数は12機です。モデルは、ビルマで戦った檜與平搭乗機をイメージしています。
飛行場シールと整備兵付き
マイクロモーターでプロペラが回転
※使用する単3乾電池1本は別にお買い求めください。

細部まで再現された塗装とマーキング